結膜脂肪ヘルニア

結膜脂肪ヘルニアとは、眼球の奥にある眼窩内脂肪が加齢により球結膜内に脱出する(ヘルニア)病気です。ヘルニアの程度によっては手術適応となり、当院では炭酸ガスレーザーを使用して、安全かつ迅速に脱出した脂肪を除去して、再発しないように処置を施しています。結膜は縫合しますが、吸収糸を使用するため、抜糸の必要はありません。

結膜脂肪ヘルニアの場合、下記のような自覚症状となって現れることがあります

  • 常に異物感がある
  • 視界が狭くなることがある
  • 眼球を動かすと白目の盛り上がりが明らかになる
  • 大きくなると常に見えるようになる
  • 充血しやすい

結膜脂肪ヘルニアの治療

各種検査によって、脂肪ヘルニアの有無、程度を診断いたします。

当院では日帰りで手術を行っています。

手術時間は約15分間、麻酔は点眼麻酔だけで、注射は一切ありませんので、

痛くありません。手術後30分位休んでいただいて、翌日診察するまで眼帯になります。

翌日眼帯が取れましたら、普通の生活ができます。

費用は1割負担で6,500円前後、3割負担で20,000円前後です。